gee!

広く深く、書きたいときに書きたいことを書いていきたい(願望)

英語勉強中

海外かぶれが高じて最近英語の勉強がんばってます。
4月に受けたTOEICの点数が615点だったので半年後10月のテストで800点突破出来るようにしたいなと思ってます。


で、4月に受けた時はほぼノー勉(強いていうなら海外ドラマ観まくったくらい)でどうにかなったんですが、流石にこのままじゃこれ以上のスコアアップは望めないだろうなと思って、真面目に勉強するためにこの本を買いました。

English Grammar in Use Book with Answers: A Self-Study Reference and Practice Book for Intermediate Learners of English

English Grammar in Use Book with Answers: A Self-Study Reference and Practice Book for Intermediate Learners of English


洋書なのでちゃんとやり通せるかなぁという不安はあったんですが、ネットで調べたら凄く評判が良かったのでとりあえず買ってみました。



で、やってみての感想。
まだユニット5つしか終わってないですがこれは凄くいいです!


小難しい文法用語がたくさん出てくる日本語の参考書より、こっちの方がむしろわかりやすい!
今まで理解していたつもりだったところが全然理解出来ていなかったんだと気付けました。

“I always do”と“I always doing”の違いとか全然知らなかった…


全体的に難しい単語はほとんど出てこないので不安に思っている人でも大丈夫だと思います!(たまに無神論者“atheist”とか出てきてびっくりするけど)

説明も、日本の参考書と違って具体的なシチュエーションでしてくれるので本当にわかりやすいし、例文もめちゃくちゃ多いです。
問題数も多くて「勉強した!」って気持ちになります。

付属のCD-ROMには音声(ネイティブのスピード)と新たな問題がたくさん入っててこちらもいい感じ。
Windows8.1でも特に問題なく使えました。

高校の頃、文法が一番苦手だったのが嘘みたいに楽しいです。


もっと早くにこの本と出会いたかったな…



ちなみにリスニングについては、海外ドラマをぶっ通しで1ヶ月くらいひたすら観続けていたら自然と出来るようになりました。

英語の授業を受けていた頃はTOEIC400点台だったのが、こんなんで600点いったので自分凄いなとか思いつつ、あんまりよろしくない例としてあげておきますね。
やっぱり真面目に勉強しないと気持ちもだれてきてしまうし、字幕があるとそれに頼りすぎてしまうところもあるので…あと単語の綴りとかわかんないし。


ただ、耳を英語に慣れさせるという点ではいいんじゃないかなと思います。(無責任)

ちなみに観ていたのは『グレイズ・アナトミー』です。医療用語は正直未だにわかりませんけど!



英語の勉強のことについてもちょこちょここのブログで書いていきたいなと思ってます。
よろしくお願いします。