gee!

広く深く、書きたいときに書きたいことを書いていきたい(願望)

萩原隆匡さん エンタステージインタビュー

 

enterstage.jp

 ほぼ毎日YouTubeでCFYの全国公演ビデオを観たり何年か前のコーラスラインの稽古動画を観たりして萩原さん不足()を解消していた私にとって飛び上がるほど嬉しかったこのインタビュー。

ファンと名乗るには色々と浅い部分はありますが、記事を読んで思ったことなどだらだら書いていきます。

 

 やっぱり萩原さんかっこいいな…じゃなくて、いや、かっこいいんですけど、ただかっこいいだけじゃないっていうか、お芝居に対して本当に真摯で、なおかつ器用な方なんだなと思いました。

 

 

 

WSSそしてベルナルドについて

前演出版のWSSは観たことがないので映画との比較になってしまうんですが、新演出版のベルナルドは確かにずっと怒っていてそのうち血管が切れるんじゃないかと心配になるくらいでした。

初見の時は映画とイメージが違い過ぎて(ちなみに映画を観た時からベルナルド推しでした)ショックを受けたんですが、もちろんそれには理由があったのだなあと改めて実感しました。

 

「怒りが広がっていく」という表現が腑に落ちたというか。

自分がギリギリの状態になっていると全く違うベクトルの出来事にも怒りが湧いてきたりしますもんね。

『リーダー』ではあるけれど、実際はまだまだ子供であるベルナルドはその辺のコントロールが上手く出来ていないんだなあと。

この辺は私も色々考えないといけないなあと思います。感情のコントロール、特に怒りのコントロールって難しい…

 

 

あと、個人的に意外だったのが今回はジェット団とシャーク団で公演中もコミュニケーションを取り合っているということ。

どこで見たのかは失念してしまったのですが、ブロードウェイで初演されたころからジェット団とシャーク団は役作りのために一言も口を利かないものだと聞いたことがあったのでこれにはかなりびっくりしました。

でも、萩原さんもおっしゃっている通り舞台上ではだいぶストレートな表現が飛び交っていたので、あのテンションをオフに持ち込んでしまうのは確かにかなりきつそう。

そんなことになったら芝居どころじゃなくなっちゃいますもんね…

 

感情を前面に出していくためにこそ、計算され尽くした演出がある、ということでいいんでしょうか…

 

 

萩原さんについて

あと、萩原ジーニーもボビーも評判がよかったようなのでそのうち観たいなっていうのと(またやりますよね!?)、萩原さんの休日の過ごし方が意外でした。

思ったよりキッチリしてなかった!(笑)

それにしても萩原さんかっこいいな~

それなのにインタビュアーの方にギャップ萌えって言われるなんてなあ~~(言われてない)

 ますます好きになってしまう…

 

WSS全国公演について

 

とにかく、今からWSS全国公演が楽しみです!

お財布の都合的に11月までは観に行けないので…( ;∀;)

待ち遠しすぎる…

 

そして、全国公演の稽古写真がきましたね!

ついにあっきートニーが…!

あと、ツェザリさんがいて驚きました。ガチのポーランドの方が来た…

 

正直、役者さんはあまり知らないので今回のメンバーはだいぶ顔ぶれが変わったということしかわかりませんが…

東京公演を2回観てどちらもほとんど変わらないキャストだったので、顔ぶれが違うWSSが観られることを楽しみにしてます!

 

でも萩原さんと岩崎さんが観たい!!!!(本音)

偉い人どうかお願いします!!!!!!

 

って思ったけどこの場合の偉い人ってk二さんぽいので取り消します